micoco玄米プロテインの飲み方が間違っている?効果が最大になる飲み方とは?

プロテインって飲みにくいのが難点ですよね。
どうしても粉っぽいイメージがありますからね。

飲み方次第で効果に差が出るとしたらかなりショックなことです。
最大の効果を得るためにも飲み方について検証してみたいと思います。

micoco玄米プロテインの作り方は?

micoco玄米プロテインは本当に簡単に作れます。
公式サイトから定期コースを申し込むともらえる、シェイカーを使うと便利ですね。

まずはシェイカーに水を150ml~200ml入れます。
次にmicoco玄米プロテインを1袋加えます。これもとてもうれしい気遣いで、普通プロテインは計量スプーンなどで分量を量ります。
しかし、micoco玄米プロテインは1回分ずつ袋に小分けしてありますので、とても簡単なんですね。

1袋加えたらしっかりシェイカーのふたを閉めて、粉末が溶けるまで良く振るだけです。

なかなか溶けず、粉っぽいのが残るプロテインが多いですが、micoco玄米プロテインはとても溶けやすいので時短にもなりますね。

さらにアレンジして美味しくする

水で溶かすだけでも飲める味なのでいいのですが、アレンジをするとさらに飲みやすくなります。
お腹も満足するのが、micoco飲むグラノーラ20gを加える方法です。玄米プロテイン1袋と豆乳200mlでシェイクして作ります。

micocoシナモン青汁を1袋加えると、シナモン風味で飲みやすくなります。この時は、水15mlで溶かしますね。

美容に良いのは、オレンジジュース150mlで作る方法です。ただそれだけなのですが、ビタミンCがとれ、美肌にも良いですね。

飲むタイミングは?

micoco玄米プロテインを飲むタイミングですが、筋トレなど運動の前に飲むとトレーニングの効率がUPしますね。
それは玄米プロテインがエネルギー減のチャージになるからです。
トレーニング後でもかまいませんね。

ダイエットなどでは、食事の置き換えとして飲むのも効果があります。
忙しい朝などは、水か牛乳でシェイクしてお手軽朝食になります。

さらに食欲がないときなどもたんぱく質の補給やミネラルの補給として飲むと効果的です。